小学生の家庭学習

小学校 低学年で国語が苦手な場合の対策!


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 国語・こくご  >>  小学校 低学年で国語が苦手な場合の対策
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
小学校 低学年で国語が苦手な場合の対策!


小学校 低学年で国語が苦手な場合の対策

小学校の1年2年の国語が苦手というのであれば、読み聞かせをすれば苦手克服が出来てしまいます。

読み聞かせをして効果があるケースは、

 ・読むのが苦手
 ・話の内容をつかめない


こんな時です。

2年生で漢字を勉強していなくて読めない。それで文書の意味がつながらないのは漢字を克服しなければ国語は出来るようになりません。読み聞かせでは克服できないパターンといえます。

では、読むのが苦手な場合と話の内容がつかめない場合は読み聞かせで克服が出来るのか?お伝えしたいと思います。

1、読むのが苦手を【読み聞かせ】で克服
2、話の内容をつかめないを【読み聞かせ】で克服
3、我が家の読み聞かせ絵本


1、読むのが苦手を【読み聞かせ】で克服

読むのが苦手なのは、ボキャブラリーが少ないのとただ文章に慣れていないということが考えられます。

ですから、言葉のシャワーを浴びせて文章に耳から慣れさせるために、とにかく本を読んで聞かせてあげてください。

寝る前に一冊、二冊の本を読んであげる。
絵本でいいのです。国語が苦手ならわかりやすい内容の絵本でかまいません。

ちょっと1年生には幼稚かな?とおもってもそれでいいと思います。

小学 1年生、2年生のころなら、男の子など初めは嫌がったりするかもしれませんが、次第に本を読んでもらうことが楽しくなっていくはずです。

親に読んでもらうならなおさらですよね。

とにかく、読み聞かせることによってボキャブラリーを増やして、文章に慣れさせるのが目的です。

このためだけに本を読んであげればいいと思います。

国語が苦手な子供は、単純に文章に触れる機会が少いことが多いのです。

子どもが読み聞かせに興味を持つようになったら、図書館に行って楽しそうな本を一緒に選んであげてください。

それを、繰り返し読んであげればいいのです。

同じ言葉を繰り返すような幼児向けの絵本でなければ、内容もこだわる必要はないと思います。

毎回本を買えることもありませんので、何冊かをローテーションで繰り返し読んであげるといいでしょう。

すぐには効果が出ませんが、じわりじわりと効果は出てきます。

ボキャブラリーを増やして本(物語)に興味を持たせるのは、読み聞かせが一番だと思います。

 

2、話の内容をつかめないを【読み聞かせ】で克服

話の内容がつかめないのは、文章に興味がないからです。
文章が文字の羅列だと感じてしまうのでしょう。

その文字が言葉になって意味を持っていることが理解できていないんですね。

これも絵本の読み聞かせでクリアーできる問題です。

読むのが苦手な子供は文章だけの本に興味を持ちません。

だって、文章をよんでわくわくドキドキしながら「この話はどうなるんだろう?」と思いながら本を読みすすめるという経験をしたことが無いはずです。

本を読んで物語でも逸話でも書いてあることを疑似体験するという経験が少ないのです。

本を読むことで、伝記なら他の人の人生や考え方を疑似体験できますし、物語ならストーリを疑似体験できます。

なので、絵本を読んであげる。

これも、難しい本でなくていいのです。絵本で十分です。長い物語は、高学年になってから自分で期のすむまで読んでくれればいいと思っています。

親がしてあげるべきことは、絵本を読み聞かせすることだと思います。

読み聞かせていて、絵で気になったことがあれば、そこで子供とコミュニケーションをとるようにするといいでしょう。

「これかっこいいね。」「かわいいね。」「変な靴を履いているな。」「何人いるのかな?」「この絵面白いね。」「この人って誰だろう。」「次は、どんなになるのか?」

本の内容について質問をして答えるということをしていると集中して聞きますしほんの内容を自然と理解するようになっていきます。

絵が、物語と連動していますから絵について話をすることで、内容を理解することも多々あるのです。

そうるすことで、話の内容を追っかけられるようになっていきます。そして、文章から物語を体験するという経験をします。

すると文章に興味がわいてくるんですね。

その結果、本を読んだときに何が書いてあるんだろう。どんな話になっていくんだろうと想像力を使いながら読むようになるのです。

小学校の1年生、2年生くらいだと、文章を読むということに何の意味があるのかがわかっていません。

言葉で伝えるのは難しいので読み聞かせでそれを伝えてあげればいいのだと考えています。

 

3、我が家の読み聞かせ絵本


我が家で子供が何度も読み返した絵本を紹介します。

・バムとケロ、ガラゴ シリーズ
 このシリーズは、絵も楽しく読んでいて盛り上がる子供も大好きなシリーズでした。





・ぐりとぐら シリーズ
 王道シリーズですが、やはりロングセラーだけあって子供の反応も良かったです。






・14ひき シリーズ
 このシリーズは、絵が細かい。絵を見て会話をしながら内容の理解を深めて読み聞かせができる絵本です。





・そらまめくんのベット シリーズ
 何度?読み聞かせをしたのかわかりません。本当によく読んだ。





・のんたん シリーズ
 ちょっと幼稚かなと思うのですが、読み聞かせをして子どもがひらがなを覚えて初めに自分で読み出したのが、娘3人ともこのシリーズでした。




他にもたくさんあるのですが、その中でも繰り返し読み聞かせをした絵本を紹介しました。

 
スポンサードリンク
関連情報
国語の成績がダメだと他の成績も上がらない理由
聞いて理解する力を身に付けるには!  
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他
学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP   »   国語・こくご   »   読解力を身に付けるには!

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 国語・こくご  >>  小学校 低学年で国語が苦手な場合の対策
|   サイトマップ  |   メール  |