小学生の家庭学習

「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> その他  >> 「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!


やっぱり勉強は、楽しくないとダメなんです。
ただやっていても楽しくないんです。続かない。

楽しいことは、ほっておいても前向きにそしてバリバリこなすんです。

だから、勉強自体楽しくするんです。
それをできるのは、やっぱり親なんですね。

最近、子供が勉強をしている姿を見ることはあるんですけど子供の勉強を直接見る機会が減っていてママに任せきりになっていました。

最近勉強をする際に小学2年生の楓が

 ・勉強をやりたくないとか
 ・勉強をしなさい。というとなぜか軽くキレたり・・・

というようなことがあって「んっ??」と思っていたんです。

そういう時期なのかな?と思ったりもして。

たまたま、この前小学2年生の楓と幼稚園の椿の勉強を見る機会がありました。椿はおまけですが。

ママとお姉ちゃんが出かけたので、パパ宿題を見ておいてとなったんですね。

勉強は何があるの?と楓に聞いたら

 ・ チャレンジ3つ(6ページ)
 ・ 計算問題10問(これは宿題)

の二つがあるとのこと。

計算問題は、昨日、「明日やるから今日はやめる。」といって投げ出したようで・・。

当然のことながら、勉強に取り組むテンションは低く・・。

「こりゃダメだ。」ともったのでシュチエーションを変えました。


シュチエーションを変える

テンションの高い先生登場!

テーブルに座っている2人に対して手を叩きます。パンパン

パパ 「はい、注目。」

注目をさせて。宣言です。

パパ 「これから勉強をしまーす。いいですか、勉強しますよっ!」
    「では、勉強に必要なものをそろえてください。」
    「はい、すぐにそろえる。」

チャレンジ・鉛筆・宿題の問題集・ノート が揃います。

パパ 「えっ。消しゴムは?」
    「消しゴムが無いと勉強が途中で止まっちゃうだろー。」

とふざけながら言うとすぐに消しゴムが準備されました。

もうすでに、いつもと違う雰囲気に楓と椿は飲み込まれています。
何か始まるのかな?くらいの感じなのでしょう。

普通に勉強をするだけなんですけどね。

パパ 「さ〜これから勉強をしますが、しゃべらないで集中して勉強しますよ。」
    「本当にわからないことがあればパパに聞いてください。」
    「パパはここで本を読んでいます。」
    「こんなのちゃっちゃと終わらせるよ。」
    「本気を出せばあっという間に終わっちゃうんだから。」
    「いくぞー。スタート。」

チャレンジのテキストはどんどん書き込まれていきます。
2ページ終わったところで、一息。

パパ 「どう?できた?」
    「すごく早くできなかった?」

うなずく子供と、 イエ〜イとハイタッチ。モチベーションをさらに上げたところで

パパ 「 じゃあ次のところも一気に終わらすぞ。」
    「いくぞー。スタート。」

漢字の問題でしたが、意味が解らないところはテキストを振り返って調べていましたし、辞書を引っ張り出してきて調べたりしていました。

どうしてもわからないところはきかれましたよ。
もちろん答えました。

そんな流れで、チャレンジを終えて、宿題の計算問題も終えました。

短時間で集中をした、いい勉強でした。
楓も充実した感じです。

もちろん丸付もします。
答えもしっかりと合っていました。集中すると答えも合うんですよね。

漢字で「園」の下の衣のような部分がうまくかけていなかったのでそこだけ何回か書き直しをさせて勉強は終了です。

○付けが終わり、

パパ 「 すごいねあっという間に終わったね!」

と言ったら楓は自信満々の顔をしています。

【よぉ〜し、終わったぞっ。】 と 【はっ〜、やっと終わった。】 

の顔は違うんですね。

【よぉ〜し、終わったぞっ。】 は次の勉強につながります。
【はっ〜、やっと終わった。】は、次の勉強にはつながりません。

この小さな差の積み重ねで大きな差が生まれるのだと思います。

楽しく勉強をするって、笑かして勉強をするんではなく
【よぉ〜し、終わったぞっ。】
をいかに引き出させるかなんだと思います。

 

 
スポンサードリンク
関連情報
【勉強がしたい!】を引き出すには! 歴史に興味を持たすには!
九九はトイレで覚えよう! ことわざ・慣用句を覚える方法!
 

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> その他  >>  「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!
|   サイトマップ  |   メール  |