小学生の家庭学習

小学校2年生 水のかさ(mL・dL・L)の勉強の教え方!


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 算数・さんすう  >>  小学校2年生 水のかさ(mL・dL・L)の勉強の教え方!
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
小学校2年生 水のかさ(mL・dL・L)の勉強の教え方!

夏休みに2年生の楓が進研ゼミのチャレンジで勉強をしていたので横で眺めていました。

ママが○付けをしたページが見えたのですが、×がたくさん付いている箇所がある。
×があるということは分かっていないという信号ですから、ちょっと横から楓に質問をしてみました。

パパ 「ねーねー、楓?クイズです。」
    「mLは、なんて読むでしょう?」
楓  「うーんとね。・・・・ミリ・・・・なんだっけ?」
パパ 「じゃあ、Lはなんて読むでしょう。」
楓  「デシリットル??」
パパ 「デシリットルは、dLだよ。」
楓  「じゃあ、リットル?」
パパ 「正解、じゃあ mLは?なんて読む。デシリットルとリットルが出たよね。もう一個の読み方!」
楓  「ミリリットルだ。」
パパ 「正解です。ミリリットルとデシリットルとリットルね。」
    「ちょっぴり難しい?」
楓  「うん。」
パパ 「じゃあ、パパが先生してあげるよ。一緒にやる?」

ということで水のかさの単元を教えることとなりました。
話を聞いたら、まだ学校では習っていないとの事で、チャレンジが予習になっていたようです。
それなら×がいっぱい付いていたのも納得です。

まず、長さの問題もそうですが、単位が絡む単元は単位を理解することからはじめないと頭がこんがらがってしまします。

 ・長さの単元で言えば、mm・cm・m
 ・今回の水のかさで言えば、mL・dL・L

です。

これが良くわからずに単位の変換を教えても意味が分からなくなるだけで覚えられません。
なので、3ステップで教えるのを基本としています。

ステップ1 : mL・dL・Lを読めるようにする
ステップ2 : mL・dL・L量をイメージさせる
ステップ3 : 単位〜単位への変換を覚える。

まずは、ステップ1 mL・dL・Lを読めるようにする。

mL・dL・Lを覚えるのでもまずは読め無いと話になりません。
読めないと先生であるパパが何を言っているのか理解できませんからね。

パパ 「デシリットルをリットルにするには・・。」と話しても意味が分からないわけです。

それでは勉強になりませんから、新しい言葉を教えるつもりで mL・dL・L を覚えさせます。

これは、単純に繰り返し読むだけです。

でも、ミリリットル・デシリットル・リットルと暗唱していても覚えるわけが無いので教科書やチャレンジの問題に載っている「2dL」「1L100mL」「250mL」などを指差してクイズのように答えさせていきます。

こんな感じです。

パパ  「これは、mL(ミリリットル)・dL(デシリットル)・L(リットル)とよみます。」
    「楓も一緒に読んでください。」
一緒 「mL(ミリリットル)・dL(デシリットル)・L(リットル)」
    「mL(ミリリットル)・dL(デシリットル)・L(リットル)」
    「mL(ミリリットル)・dL(デシリットル)・L(リットル)」
     ・
     ・
パパ  「じゃあ、今度は、楓一人で読んでみて。」mL・dL・Lを順番に指差す。
楓   「mL(ミリリットル)・dL(デシリットル)・L(リットル)」
パパ  「はい、もう一回」
楓   「mL(ミリリットル)・dL(デシリットル)・L(リットル)」
パパ  「じゃあ次はね、順番を変えるよ。パパ指でさしたのを読んで、いい?」
楓   「いいよ。」
パパ  「じゃあ、これはなんて読む?」dLを指差す。
楓   「デシリットル??」
パパ  「正解。自信を持ってください。合ってますよ。」
パパ  「じゃあ、これはなんて読む?」Lを指差す。
楓   「リットル?」
パパ  「正解です。」
パパ  「じゃあ、これはなんて読む?」mLを指差す。
楓   「うーんとね、ミリリットル?」
パパ  「正解、どんどん指差ししていくから答えてよ!」

こうして、「2dL」「1L100mL」「250mL」などの数字も含めた読み方を教えていきます。

これを10回、20回と繰り返していくうちにスラスラと答えられるようになって行きます。
このステップを踏まないと子供は、記号を思い起こしながらどちらのmLとLのどちらが量が多いのかを考えつつ問題に取り組むことになります。

分かるわけが無いですから、難しい。難しいから嫌だ。勉強したくない。となってしまうのですね。
なので、この3つのステップを踏むことはとっても大切です。

時間が多少かかっても正確に答えられるようになったら、次のステップです。


ステップ2は、mL・dL・L量をイメージさせる。

今度は量をイメージさせます。
mL < dLL という関係をイメージさせるんですね。

これは言葉で伝えてもなかなか理解が出来ませんので実物で実験形式で教えてきます。
楓に教えたときは、牛乳パック(1L)・コップを用意しました。

まずは、判りやすく牛乳パックを見せて、

パパ 「クイズです。これは、何リットルでしょうか?」牛乳パックを見せる。
楓  「リットル?・・・」
パパ 「牛乳パックは、1Lなんです。」
   「別の言い方もあります。分かりますか?」
楓  「・・・・」
パパ 「ほらここ見て、何mLって書いてある?よく見て。」
楓  「1000mL」
パパ 「1000ミリリットルです。1Lは1000mLなんだよ。すごくない。」
楓  「へぇ〜。そうなんだ。」

次に、パパがいつも使っているコップと軽量カップを持ってきます。
実際に200mLの水を軽量カップに入れて、200mLのメモリを楓に読んでもらいます。
それを目の前でコップに移すとコップの8分目まで水が入ります。

パパ 「コップに水が入っています。これは何mLですか?
楓  「200mL?」
パパ 「そうです。さっき計ったもんね。200mLです。
    「200mLには別の言い方があります。デシリットルってあったよね。
    「200mLは、2デシリットルになるんだよ。
    「100mLだったら、何デシリットルだと思う。ヒントは200mLで2デシリットル。」
楓   「1dL?」
パパ  「正解です。」

楓にmL・dL・Lを教えた時は、

 ・牛乳パック1本 = 1L、10dL、1000mL。
 ・コップ1杯 = 200mL、2dL。

これを徹底的に記憶させました。
考える基準となる単位と実際の量をイメージさせるとこで、いつでも思い起こせるようにしたんです。

これは、記憶を定着させなければなりませんから繰り返し、ふとした時に質問をして記憶を定着させました。

基準となる数値を覚えさせたので、今度はこの基本の知識を応用できるようにしていきます。
楓に水のかさの単位を覚えさせるのにやったのは、クイズです。

3つの単位を覚えて、大体の量をイメージできるようになったので、応用させるのですが家にあるものを楓に前に持ってきてこれってどれくらいの量だと思うとクイズを出していきます。

たとえば、こんな感じです。

ヤカンを持ってきて、これは「2mL・2dL・2L」のどれでしょう?と単位を答えてもらいます。

初めは、これって牛乳2本分くらい入りそうじゃない?なんてヒントを出しながらクイズをしていました。

2Lと答えられたら、今度は、「2000だったら?」と質問をして 「2000mL」 と答えられるようになっていけばOKです。

そのうち、水筒を持ってきて、

パパ 「800入ります。単位は?」
楓  「800mL」

と答えられるようになります。

空き箱とか缶とか。キッチンにあるボウルとかお玉とか。
とにかく水が入りそうなものは何でも見せて単位を答えさせました。

これで、水の量の感覚を身に着けたので、今度は単位の変換に移っていきます。


ステップ3 は、単位〜単位への変換を覚える

単位の変換は、1100mLと11dLとか1L100mLと言い換えられればOKです。

単位の変換で気を付けなければいけないのは、100ml=1dL、10dL=1Lという10ずつ繰り上がるというパターンではないことです。

10ずつで繰り上がるなら単純で覚えやすいんですけどね。

これを理解させなければなりませんが、これは繰り返して記憶を定着させるしかありません。

ここでも、

・ 牛乳パック1本は、1L、10dL、1000mL。
・コップ一杯が、200mL、2dL。

この考える基準をばっちり覚えていることが生きてきます。

あとは、問題を出して変換をさせていくだけです。
教えるというよりも問題を出して、答えさせるわからなければ教えるという方法でここはクリアーしていきました。

こんな感じです。

パパ 「1dL が 8こ あります。何デシリットルですか?」
楓  「8dL」
パパ 「正解。じゃあ、100mLが、5個あります。何ミリリットルですか?」
楓  「500mL。正解。」
パパ 「dLが、12個あります。何デシリットルですか?」
楓  「12dL。」
パパ 「正解。じゃあ、12dLは1Lと何dLですか?」
楓  「・・・・」(んっ?という顔。)
パパ 「10dLは、何リットル?だったっけ。」
楓  「1Lだから1Lと2dL?」
パパ 「すごい、正解です。よくわかったね。」
パパ 「22dLだと何Lと何dLですか?」
楓  「2Lと2dLです。」

これと同じく1200mLは何L何mLという問題に答えさせます。
ここまでくれば後は、慣れるだけ。

繰り返すことで知識が落ち着きますから時々確認などをすれば記憶が定着します。

ここまで教えるのに2時間みっちり教えました。
2回に分けましたので2日に分けて2時間の勉強です。

でも、あいまいだった知識が「解った!」に変わったようです。
進研ゼミのチャレンジで間違いだらけだった問題を再度取り組ませたら、しっかりと答えられるようになっていました。(※ 1問は、間違えましたけどね。ご愛嬌。)

ステップ1 : 単位を覚えさせる
ステップ2 : 実際に量をみてイメージをできるようにする
ステップ3 : mLやdLをLに直せるようにする。

この3ステップで、単位の絡む勉強は大丈夫でしょう。

2時間のなかで1回だけ厳しくいったことがあります。
それは、1000と読めばいいものを100と読んでしまうことを何度もしたことでした。
すでに習って書いてあることを読めばできるのにそれをしようとしなかったこと。

見ればいいのに見もせずに100と決め込んで1000mLを何度も100mLと読んだことは叱りました。

わかっていることはしっかりとやりなさい。
 読めばわかることはきちんと読みなさい。


 わからないことや新しいことはいくら間違ってもいいし教えてあげる。
 でも、100と1000はもうわかるでしょ。読めばわかることをきちんと
  読まないで間違えるのは悪いことです。」

ここのところだけ注意をしただけで、あとは厳しい口調で接していません。
わからなくても繰り返し教える。答えられなくてもせかさない。考えさせる。
もう駄目だなとなった時にヒントを出す。そんな教え方で教えています。

実際にはわかりませんが、楓は、

 ・ わからなくても怒られない。
 ・ せかさないで教えてくれる。
 ・ できればほめてもらえる。


こう思ってくれているのか、「一緒に勉強をする?」と私が聞くと「やろう!」笑顔で答えてくれます。

そんな、教え方で小学校2年生の水のかさの予習ができました。

難しくて途中で嫌になりそうになったときには、なんで教わって無いのに全部わかってるのって「先生を驚かせちゃえ!」っていいながら「そうだ、驚かせちゃおう!」って楓は頑張っていました。


 
スポンサードリンク
関連情報
掛け算九九はトイレで覚えよう! 掛け算九九の覚え方!
小学1年生の反覆学習法について!  
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 算数・さんすう  >>  小学校2年生 水のかさ(mL・dL・L)の勉強の教え方!
|   サイトマップ  |   メール  |