小学生の家庭学習

漢字が苦手は、国語の致命傷?


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 国語・こくご  >>  漢字が苦手は、国語の致命傷?
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
漢字が苦手は、国語の致命傷?


我が家の漢字の勉強方法は、

 ・読書をすることで漢字を知る
 ・学校で習うことで漢字が書けるようになる
 ・本を読むことで得たいろんな読みや文字の形などの記憶が合わさる
 ・いつの間にか漢字を覚えてしまう

という流れで漢字を覚えさせています。

ですが、読書量がたまたま多かった長女のさくらの時は通用しましたが次女の椿は違うようです。

 漢字が苦手

となったんですね。

お姉ちゃんの時と同じことをしているのにな?と思ったんですがお姉ちゃんとは圧倒的に読書量が違うんです。

このままでは、いけないと思い考えました。それは、漢字が苦手は国語が苦手に直結するからです。

ちなみに、学校で習う漢字は、1006字あります。

学年別では、

 1年生 80字
 2年生 160字
 3年生 200字
 4年生 200字
 5年生 185字
 6年生 181字


となっています。

漢字が苦手で起こることは、

1、文章が学年が上がるごとに文章が読めなくなっていく
2、漢字でテストの点数を落してしまう(成績ダウン)

では、どう覚えさせるかなんですが、

3、漢字は別教科と考えて勉強する

まずは、漢字が苦手で起こることを見ていきましょう。


1、文章が学年が上がるごとに文章が読めなくなっていく

漢字を覚える数は、小学校3年生、4年生でピークになり、その数は200字。

小学校6年間で1006字の漢字を習います。

2年生の教科書では、1年生で習う漢字を覚えていることを前提で授業が進みます。

小学校6年生の時には、それまで習った800字ほどの漢字を覚えているのが 前提で授業が進むわけですね。

そのために、漢字をおろそかにしていると学年が上がるごとに国語への苦手意識が高まっていく可能性があるんですね。

これは非常に怖い。漢字恐るべし。

小学校 1年生、2年生の時には、ひらがなが多く単純な漢字が多いので文章を読めて、内容も理解ができていた子供でも・・・。

テストでいい点数を採れていた子供のも・・・。

漢字が出来なければ、学年が上がるごとに国語の成績が落ちていくことになります。

もちろん、漢字だけができればいいというわけではありません。
でも、国語が苦手になる理由の一つには、漢字の得意・不得意が絡んでいると思うのです。

考えてみてください。

当然、難しい漢字を読めないとなると、文章がつながっていきませんよね。

それは、読めない漢字があるために文章の解釈が違ってくるからです。

2年生の国語の教科書の音読をしていたときのことです。

椿は、文章に出てくる「教える」という漢字を「かんがえる」とよんでいました。

本人は、たしかこんな読み方だったよな。とおもったのでしょう。

  ※これは毎日、音読をさせているので気が付きました。

読み方を間違えているので、

 「 Aさんはみんなに教えました。」 ⇒ 「Aさんはみんなにかんがえました。」

と意味が変わってくてしまいますよね。というよりも意味が分かりません。

これが、同じ文中で何度か出てきたら読んでいる内容は変わってしまいます。

もちろん、内容が理解できるわけがありませんから書いてあることを読み取れない。

テストであれば、文章の内容に関する問題が出たらほとんど全滅でしょう。
答えらるわけがありません。

そう考えると記述問題が苦手な子供は、この漢字でつまずいている可能性もあるのです。

 

2、漢字でテストで成績ダウン

テストには、必ずといっていいほど漢字の出題がありますよね。

漢字が読めるか。書けるか。

低学年の漢字のテストは配点も1問10点など高めです。

10問で100点という配点も珍しくはありません。ここで漢字ができれば、100をとって自信にもなりますが、感じができないと40点、60点となり苦手意識がさらについてしまします。

漢字ができるとできなとで、成績にも差が出てきしまうわけです。

今は、漢字テストを独立させて実施もしています。

こういったところでつまずくと勉強への劣等感が生まれます。漢字だけではなくその他の供花への意欲もそがれてしまいます。

実際には、漢字がちょっと苦手なだけが、勉強全体が苦手に発展してしまったら勿体ネイとしか言いようがありません。

そうならないためにも漢字の勉強は、低学年からしっかりと積み上げて行くべきものだと思っています。

 

漢字が苦手になって、成績に悪い影響を与えないためにはどうすればいいのか?

それは・・・

3、漢字は別教科と考える

漢字は、国語とは別の教科と考えるくらいのほうがいいと思っています。
国語・算数・漢字と3強かあるくらいの意識を持つべきでしょう。

漢字の勉強法ですが、これは覚えるしかありません。

音読・計算・漢字を毎日少しずつ勉強をしていく我が家ではこの方法を実践しています。

そうすることで、まずは読めない漢字をなくすようにしていく。

最優先することは、

   文章の中に読めない漢字がないこと。

です。

読めないと「教える」を「かんがえる」と読むように勝手に言葉をあてがって違う文章を子供は作ってしまいます。

これは、避けたいところ。

読めるだけなら、知っている程度の知識でいいのです。書けなくていいのですから。そうすると気が楽になります。

なので、読めることが一番初めです。

教科書に載っている漢字が読めるようになったら、次に書けることです。

漢字の書き取りテストなどでは、正確に書けることが求められますので読めるなら書けるようにしましょう。

これで、文章を読んで答える問題も漢字の問題のクリアーできるはずです。

「漢字の読み」「漢字の書き」を両方いっぺんに覚えようとするのはなかなか大変です。

教科書でいろいろな読みかたを覚えてから、漢字を書くことを学んだほうが生きた漢字を覚えられるというメリットもあります。

漢字は、別教科

この意識を持って、漢字の学習に取り組んでみてください。


 
スポンサードリンク
関連情報
国語の成績がダメだと他の成績も上がらない理由
楽しくできる漢字の書き取り問題の作り方 読解力を身に付ける方法
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 国語・こくご  >>  漢字が苦手は、国語の致命傷?
|   サイトマップ  |   メール  |