小学生の家庭学習

読解力を身に付けるには!


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 国語・こくご  >>  読解力を身に付けるには!
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
読解力を身に付けるには!


文章を読んで書いてあることを理解する力

この力を身につける方法は・・・

といいたいのですが、残念ながら、この力を身につけるのに近道はありません。

この力を身につけるには、どれだけ多くの文章を読んできたか?

これによって力が左右されると思っています。

ですから、親としては、多くの文章に触れられるような環境を作ってあげるしかありません。

環境を作るといっても本をたくさん買ってあげるのではありません。

本がたくさんあること=文章に触れられる環境

では無いのです。

子供が本を読む環境を作るには、まず親が本を読むことです。

親がいつも本を読んでいれば、本を読むことが当たり前と子供は思います。
当たり前のことなのだから、いわれるまでもなく本を開いて読み始めます。

子供には「本を買ってきたから読みなさい。」といっておいて自分はテレビを見ていたらどうでしょうか?

子供が本を読むはずもありませんよね。

親が本を読むことで、子供が本を読むようになります。子供が本を読むようになったら、子供の興味がありそうな本を買ってあげれば子供は喜んで本を読むようになります。

我が家では、そうして本を読む習慣を身につけさせました。

親もそうですが、子供も新しい知識を身に着けたときになんだかうれしい気持ちになったり、ちょっぴり成長したかもと思う気持ちがわいてくるものです。

本を読むことで知識が増えることを実感すると子供は

本を読むこと = 楽しいこと

になります。そうなればしめたものです。

親が何も言わなくとも勝手に本を読むようになります。この状態になったら本をたくさん買ってあげればいいのです。

そうすれば、乾いたスポンジのように知識を吸収して行きます。

そして、多くの文章に触れることで、自然と文章を読んで内容を理解する力を身に付ける事になるのだと思います。

では、聞いていっていることを理解する力はどうやって身につけるのかをお伝えします。


 
スポンサードリンク
関連情報
国語の成績がダメだと他の成績も上がらない理由
聞いて理解する力を身に付けるには!  
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他
学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP   »   国語・こくご   »   読解力を身に付けるには!

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 国語・こくご  >>  読解力を身に付けるには!
|   サイトマップ  |   メール  |