なぜ勉強で一度できるようになったのに忘れるのか?

国語 算数 英語 理化社会 道徳 子育て その他

なぜ一度できるようになったのに忘れるのか?

 

「あれっ、ここの部分って前に習ってできるようにならなかったっけ?」

 

子供のテストなどを見ているとそんなことを思ってしまうことがありませんか?
せっかく成績が上がったのに、あれれれれ?成績が落ちていってるぞ!

 

このカラクリの正体は、なんなのか?

 

こんな現象に、私も何度となく直面しましたがその結果わかったことがあります。

 

 

それは、

 

人間の脳みそは覚えたことは忘れるようにできている。

 

ということです。当たり前のことではあるのですが。

 

それだけ記憶ってあいまいなんですね。

 

ただ、忘れてしまうのは、忘れてしまう程度にしか覚えていないということでもあります。

 

 

1、忘れてしまうのが原因

 

どういうことかというと、記憶が定着する前に覚えたことを繰り返すことをやめてしまっているのですね。

 

だから、あっさりと忘れてしまう。できていたはずのことが出来なくなってしまう。

 

勉強だけではなく、どこでもこれは起こっていることです。

 

例えば、パソコンの複雑な操作を習った。
その時になんとなくわかって操作も出来た。
でも、あとになってもう一回やろうとしたらできなかった。(忘れていた。)

 

こんなことって経験ありますよね。勉強も同じです。

 

これが、覚えることが連続の勉強では、しょっちゅう起こっているのです。
この悲劇が起こる理由は、せっかく覚えたことを繰り返さないからなのです。

 

繰り返すといっても2回、3回ではありません。

 

10回、20回と繰り返していないからです。何度も何度も繰り返して、忘れないくらい記憶に定着をさせていないからです。

 

学力を安定させるには、この繰り返しが必須なのです。

 

 

2、難しいことを覚えようとするからいけない

 

難しいこと。いわゆる応用問題を解いたり、覚えようと背伸びをするからすぐに忘れてしまうのです。

 

応用問題はを解く応用力は、基礎力があって初めて成り立つ力です。
基礎力がないのに応用力は身に付きません。

 

でも、テストの点数を取るために応用問題の解法や問題のパターンを覚えます。
国語の場合は、応用問題ではなく難問と置き換えてもいいでしょう。

 

背伸びをして、応用問題の解法や問題のパターンを覚えるとどうなるか?
覚えたことが非常に複雑に感じたり、難しく感じるはずです。

 

でも、解き方を覚えればどうにか解ける。だから、点数を採るために覚える。
そして、テストに挑んで正解はするけど、テストが終われば忘れてしまう。

 

複雑なことを覚えているのですから、忘れてしまうのも早いのです。当たり前ですね。

 

で、何かの時に学力テストなんかがあると解けていたはずの問題なのに、問題が解けなくなっている。

 

いいとこまでは行くけど、最終的に間違えててしまうとか。そんなことが起こるのです。

 

それは、基礎があってそのうえで応用や難問に取り組んでいないからなんですね。
背伸びをしたその場しのぎの対策だと、覚えては忘れ、成績の上下動を繰り返すことになります。

 

成績が安定しないのです。

 

だから基礎を徹底して繰り返すのが、学力安定の基本です。
基礎がしっかりできていれば、応用問題や難解な問題もむつかしくは感じなくなる。

 

こうすることで、成績が安定した本当に実力を手に入るのだと思っています。
さらに、基礎がしっかりと身についていれば、応用力がどんどん身に付きます。

 

ぐんぐん成績が伸びる子は、この基礎力がしっかりしているんですね。


家庭学習教材評価

PR

なぜ勉強で一度できるようになったのに忘れるのか?関連ページ

朝日小学生新聞ってイイかも!
我が家では、3年生のころから朝日子供新聞を購読しています。子供の勉強にも役に立つなかなかいい新聞です。小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介しています!
全学年向け おススメの参考書 「ドラえもん学習シリーズ」
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!学年別のおすすめ参考書を紹介しています。
小学1年生〜3年生の学力を決めるのは家勉!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、小学1年生〜3年生の低学年のときに勉強の取り組みかたについてお伝えしています。
学力の伸び方を決めるのは基礎力!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、中学受検や応用問題を説く必要が出たときに影響してくるのは基礎力であることを知っておきましょう。
学習ポスターを壁に貼る勉強法!
小学生のうちはたくさん遊んでしっかり勉強してすくすくと育ってほしい。そんなことを思っているなら学習ポスターの壁貼り勉強法はおすすめです。
小学生のお金の教育!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
キッザニアはいいところ!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
親が子供に勉強を教える時、勉強の教え方 5つのルール!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!親が子供に勉強を教えるときの絶対に守るべき5つのルールを紹介しています。
子どもが勉強を嫌がる 3つの理由!
小学生の子供が勉強を嫌がることは良くあること。でも、その理由が分かれば勉強をさせることも出来るはず。経験から小学生の子どもが勉強を嫌がる理由をお伝えします。
「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!
小学生だと自分での工夫も難しいし、毎日同じようなことの繰り返しだと勉強への興味も薄れてしまします。そうならないように勉強をさせるのはどうしたらいいのか?そのヒントをお伝えしています。
子供に勉強をすんなり始めさせる方法!
子供って勉強をさせようとするとごねることってありますよね。でも3つのことに注意をすることで勉強を始めるときにすんなりとはじめられるものなのです。小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
【勉強がしたい!】と思う興味を引き出すには!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
目標を設定し目標を達成できる子供にするには!
目標を設定し目標を達成できる子供にするための家庭教育!小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
子供が目標を達成できるように!
目標を設定し目標を達成できる子供にするための家庭教育!小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
脳力アップ!家族でボードゲームをしよう!
家族で昔なつかしのボードゲームをすることで学校では学ぶことの出来ない感覚や脳力、そして人生で必要となる経験値を身につけることができると思っています。我が家でおススメのボードゲームを紹介します。
テレビゲームも使い方しだい!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
ペーパークラフトで脳力アップ!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
子供がリビングの勉強で成長する!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!子供はリビングの勉強で成長するのです。その3つの理由を紹介しましょう。