小学生の家庭学習

小学生の子供に理科への興味を持たせる方法!。


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 理科、社会・りか、しゃかい   »   理科に興味を持たせるには
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
理科に興味を持たせるには!

理科に興味を持たせるには、田舎に行くことが一番のようです。

しかし、我家には田舎といえるような田舎は無いので稲刈りツアーに参加したことがあります。

始めは、この稲刈りツアーで理科への興味がでるとは思ってもいませんでした。親としては、ただ田舎というものを体験させたい。そんな想いからの参加でした。

場所は、山形の「THE田舎」といえるような所です。

稲刈りは、楽しく終わったのですがその後のイベントが理科への関心を一気に引き上げてくれたようなのです。

どんなことをしたのかというと、「田んぼの周りを囲んでいる水路にいる生き物を取ってみよう!」 というごく簡単なものです。

田舎がある人なら、自分たちで出来そうなことですよね。

土と草で覆われた水路の中に虫取り網を持って入っていくのです。手には軍手・足には長靴で・・・

じゃばじゃば、泥と草と一緒にとりあえず何でもいいからすくうんですね。するといろんな生き物が取れます。

虫の幼虫・ゲンゴロウ・カエル・小さな魚 などなど

それをバケツに移して観察です。「はい!これが、ゲンゴロウです。みんな、見たことあるかな?」なんて。

そんなことをしていると主催者の方が、手のひらに乗っているカエルを 

「じゃあ、これからね、カエルを気絶させます。いいですか?よく見ていてくださいね。」

といいだしました。

で、本当に気絶させてしまいました。気絶というのかカエルの習性を利用して動かなくしてしまいました。

それを見た子供たちは、目がまん丸です。驚きと興味が入り混じった顔をしています。

普段の娘なら、「うゎぁ〜、カエル!気持ち悪〜い。」と都会っ子全快で嫌がったことでしょう。
でもこの時は、自らバケツに手を突っ込んでカエルを手づかみしているのです。

この時に思ったのです。

普段何気なく「うわ、蚊だ。」「ゴキブリが出た〜。」なんていっているものだから小さな虫などの生き物を汚いもの触らないほうがいい物のようにインプットしてしまっているのだなって。

娘は手に取った3センチほどのカエルを一生懸命に気絶させていました。

そして、カエルが動かなくなると、
「ねぇ、パパ、見てみて。桜のカエル、動かなくなったよ。ねぇ、スゴイ?」 と大喜びです。

このときに生き物って、面白いと感じたのではないかと思います。その楽しさが生き物への興味となり理化への興味につながって行くのだと思います。

家庭で実験をするなんてことはなかなかできることではありません。
でも、理化(社会)への興味付けをする事は、親のちょっとした知識を子供に伝えることでできることだと感じた体験でした。

何をキッカケに理科への興味を持たせられるかは、子供それぞれに違うとおもいますが、必ず興味を持つにいたる何かがあるはずだと思っています。

親が少しだけアンテナを高く張っておけば、その何かを見つけてあげられるのではないでしょうか。


 
スポンサードリンク
関連情報
地図に興味を持たせるには  
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 理科、社会・りか、しゃかい   »   理科に興味を持たせるには
|   サイトマップ  |   メール  |