失敗を恐れない心を作るために!

国語 算数 英語 理化社会 道徳 子育て その他

失敗を恐れない心を作るために!

 

子供が大人になるまで、そして大人になってからもいろんなことに挑戦しなければ、人としての成長はないと思っています。

 

私が、そんな考えを持っているものですから、子供には

 

 【 失敗を恐れずになんにでもチャレンジできる子供になってほしい 】 

 

と考えています。

 

でも、失敗ってすごく怖いもので、失敗したらどうしようと大人の私でも考えることが在ります。

 

子供だって同じように失敗したらどうしようと考えることがあるでしょう。

 

そして、親から「失敗したら怒られる。」 とか 「失敗したらダメ子。」 とか思われるかも。

 

そんなことを子供が考えてしまうとチャレンジをできない子になるのだろうと思っています。

 

だから、そうならないために 【 失敗 = いいこと 】 だと教えようと思ったのです。

 

失敗してもいいのだということがわかれば、なんにでもチャレンジをできる子供にあると考えたのです。

 

それを伝えるために子供に教えたのが、

 

「 失敗は、成功の素 」

 

でした。

 

この 「失敗は、成功の素」 と子供に教えたのは大成功だったと思います。

 

繰り返し 「失敗は、成功の素」 であることを伝えた結果、子供は、 「失敗はいいことだよね。だって成功の素なんだもんね。」 というようになりました。

 

この考えを自分のものにできた証拠です。そのことを証明するように、子供に何かをしてみる?と聞くと

 

「うん、やってみる。」と返事が返ってきます。

 

「う〜、やだ、やめとく。」とはほとんどいいません。

 

おそらく、この考え方は、子供が大人になっても大きな武器となる考え方だと思っています。

 

でも、この 「失敗は、成功の素」 を伝えるためには、なぜ 「失敗は、成功の素」 なのか?その理由をはっきりと子供にもわかるように説明をしなければなりません。

 

我が家では、どのように 「失敗は、成功の素」 を伝えたのか?

 

そして、 「失敗は、成功の素」 を伝えた後に親は、どんなことに注意すべきなのかをお伝えしたいと思います。

失敗を恐れない心の教え方!

 

失敗を恐れない心を教えようといっても難しいですよね。

 

子供にいくら 「失敗は、成功の素」 なのだと伝えてもピンとはきません。

 

言葉だけ伝えてもその意味をわからなければ、「失敗は、成功の素」 を実行することは出来ません。

 

ですから、「失敗は、成功の素」 がどういうことなのか?その伝え方が重要になってきます。

 

では、どのように伝えれば、「失敗は、成功の素」 が子供に伝わるのか?

 

我が家で実践した方法をお伝えしようと思います。

 

一番、有効なのは、たとえ話です。

 

  • 失敗してもがんばって結果的に 【何かを手にした人】
  • 失敗を恐れて何もせずに 【何も手に入れられなかった人】

 

この二人を具体的にイメージできれば、失敗は必要なことなんだとイメージできるはずです。

 

そのために我が家で行ったのは、「発明王 エジソン」の伝記を読ませました。

 

この伝記を読めば、失敗をすることは悪いことではないということが理解できます。

 

この伝記を読んだ後に

 

親 「失敗は、成功の素って知ってる?」
子 「ううん。」
親 「エジソンはすごくたくさん失敗をしたでしょう。でも、最後には電球を発明できたよね。」
親 「失敗をたくさんしたから電球の発明に成功したんだよ。だから、【失敗は、成功の素】
    なんだ。」
親 「失敗は、悪いことではないんだよ。エジソンみたいに失敗をしてもあきらめないで努力
   すると最後には成功できるの。」
親 「でもね、もう失敗したくないってあきらめたら電球はできなかったんだ。」
   「だからチャレンジして失敗することはいいこと。それよりも何もしないほうが悪いことなんだよ。」

 

と伝えてあげるのです。

 

すると「失敗は、成功の素」の意味を理解します。

 

このようにして、 「失敗は、成功の素」 の意味を理解したら、子供が何かにチャレンジして失敗した時に

 

 「失敗は、成功の素だから今度はうまくいくよ。」

 

と励ましてあげればこの言葉の本当に意味を理解してくれます。

 

「失敗は、成功の素」は、一度伝えたくらいでは、子供は理解できません。ですから繰り返し伝えること、そして、子供の失敗を 「失敗は、成功の素」 と捉えることが大事です。

 

しかし、「失敗は、成功の素」とならない失敗も存在します。

 

では、その 「してはいけない失敗」 とはどんなものなのか? をお伝えしていきます。


家庭学習教材評価

PR

失敗を恐れない心を作るために!関連ページ

子供の褒め方について!
勉強を始めるときや勉強をしている最中、そして勉強が終わった後の声のかけ方で子供のやる気は上がっていくものです。子どものやる気を引き出す子供のほめ方方についてお伝えします。
子供をやる気にさせる声のかけ方!
勉強を始めるときや勉強wしている最中、死して勉強が終わった後の声のかけ方で子供のやる気は上がっていくものです。子どもが勉強をしているときの声のかけ方についてお伝えします。
親が勉強を教えるときの 3つの注意点!
勉強を教えることについて各家庭のの考え方はさまざまです。ただ、親が子供に勉強を教える上で注意しなければいけないことは同じです。親が子供に勉強を教えるときの3つの注意点をお伝えします!
子供の勉強嫌いを勉強好きにするために!
勉強嫌いは勉強好きに変えることができるのです。小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
子供の家庭での毎日の勉強を習慣にするには!
学力向上・成績をアップさせる家庭でできる効果的な小学生の勉強法を紹介しています。
子供はなぜ勉強することが続かなくなるのか?
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
交換日記だからわかる子供の心の動き!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
通知表を持って帰ってきたら必ずすべきこととは!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
子供のやる気を引き出す伝えかた!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
親子の関係は対等である!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
子供が言うことをきかないと思ったら!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
勉強と遊び、小学生にはどちらも大切です!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
木のうえに立って見るということ!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
全てが「失敗は、成功の素」ではない!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいこと!
子供の短所を気にするよりも長所を見よう!
小学生の親として小学生の子供にして上げられること・小学生の子供に伝えたいことのひとつに子供の短所を見るのではなく長所を見てあげるのがいいと考えています。