小学生が英語を勉強するにはまずヒアリングから!

国語 算数 英語 理化社会 道徳 子育て その他

小学生が英語を勉強するにはまずヒアリングから!

 

英語学習の基本は、

 

  • ヒアリング
  • スピーキング
  • リーディング
  • ライティング

 

です。

 

ただ、小学生とかそれよりもっと早い段階で取り組んでおいたほうがいいことは「ヒアリング」です。

 

それは、英語を聞き取れる脳を作るためです。

 

とはいえ、何かに取り組むのに遅いということはありませんから思い立ったら、ぜひ英語の学習(ヒアリングから)を始めることをお勧めします。

 

英語を勉強するのも、日本語を勉強するのも流れは一緒です。
同じ、言葉の学習ですからね。

 

赤ちゃんがどうやって、言葉をしゃべれるようになったかを考えれば答えは見えてきます。

 

 

まずは、英語を聞きまくること です。

 

赤ちゃんは、

 

  • 親が話しかけ
  • 日本語でテレビの音を聞き
  • 親の会話を聞き

 

そうやって、言葉を次第に覚えていきますよね。

 

親が英語で会話ができないのなら、同じような環境を作るしかないわけです。

 

英語の

 

  • 映画DVD
  • 音楽CD
  • おもちゃ
  • 本の読み聞かせ

 

こういったことで、子供が自然と英語を耳にする機会を増やすしかありません。

 

ベストは、親が英語で会話をできるといいのですがなかなか難しい。
私は全くしゃべれないので無理ですね。(^^;

 

英語を耳にする機会を増やすことで、そのうち英語を聞いているのが苦にならなくなるはずです。

 

映画のDVDの英語版を強制的に見なさいは拷問ですからやめてくださいね。

 

遊んでいるときにBGM代わりにDVDを流しておくのはいいと思いますが。

 

そういった使い方で、英語に触れる機会を増やしてください。

 

勉強をさせるのではなく、英語に触れさせる。

 

これくらいの感覚でいいと思います。

 

 

それができたら、次は「スピーキング」です。
英単語でいいと思っています。

 

親   「リンゴを手に取ってこれなんだ?」
子供 「 apple」 

 

程度でいいと思います。

 

知っている単語の数が増えていけば自然と単語を並べて、

 

  青りんご = green apple

 

と言えるようになります。

 

英語をしゃべれない親よりも覚えるのは早いかもしれません。
子供の学習能力というか、記憶力は侮れませんからね。

 

ここまできて、子供が英語に興味を持っているようであれば
スクールやオンライン英会話などを考えてもいいのだと思います。

 

 

会話レベルは、さすがに英語をしゃべれる親でないと子供の能力を引き出してあげられません。

 

そう考えると、この段階で初めてスクールが必要になってくるでしょう。

 

子供が英語に興味を持っているのなら、英語を話せるようになるように後押しをしてあげてください。

 

そのあとは、読み書きですが、小学校のレベルと英語の読み書きは必要ないと思っています。

 

英語に興味を持ったまま、中学校に上がれば、「ライティング」「リーディング」の勉強は心配はしなくて済むと考えています。


家庭学習教材評価

PR

小学生が英語を勉強するにはまずヒアリングから!関連ページ

小学生の英語の勉強について!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!気になる英語についての我が家の取り組みをお伝えします。
アルファベットには慣れておこう!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!気になる英語についての我が家の取り組みをお伝えします。
小学生でも英語学習に力を入れる必要はあるのか?
小学生が家庭でできる英語・英会話の学力アップの方法を紹介!気になる英語についての我が家の取り組みや考え方などをお伝えします。
どんな英語学習をすればいいのか?
小学生が家庭でできる英語・英会話の学力アップの方法を紹介!気になる英語についての我が家では、どんな学習をさせるのがいいと考えているのか?をお伝えします。
英語学習は気負わず・気楽に取り組もう!
小学生が家庭でできる英語・英会話の学力アップの方法を紹介!気になる英語についての我が家では、どんな学習をさせるのがいいと考えているのか?をお伝えします。