学力の伸び方を決めるのは基礎力!

国語 算数 英語 理化社会 道徳 子育て その他

学力の伸び方を決めるのは基礎力

 

勉強は、基礎が大事

 

子供の勉強に付き合っていると勉強は基礎が重要であることを痛感します。

 

結局、我が家では色々と勉強を教えてきて、基礎が何よりも大事というところに行きつきました。
基礎ができているからこそ応用がきいてくるという考えです。

 

なぜ、その考えになったのか?

 

応用力も身に着けることはできます。
そして、テストの点数も上がります。ですが一時的なんです。

 

次に出るテストを予想して要点を押さえて短時間でも勉強を教えればテストの点数は上げられます。

 

私は、点数だけ取るのならそれほど難しくはありませんし、実際に実践してテストの点数を一時的に上げたこともあります。

 

でも、その時だけの力なんです。
継続して結果を出せる力ではないのです。

 

それは、本当の学力は基礎がどれだけ繰り返されて【身に染みて】できるようになっているかがものをいうからです。

 

【身に染みている】というのが重要なんですね。
わかっている、身についているではないのです。

 

そうでないと、親が力を貸してテスト対策をしてあげないと点数が伸びない。
ということになります。

 

子ども自身に基礎力が身に染み付いているとそうはなりません。
自分で基礎力を応用するところまで理解をしているからそうはならないのです。

 

基礎を身に着けた気になるのは、応用を一時的に身に着けるよりも簡単です。
内容が簡単ですからね。

 

たとえば、我が家でも取り組んでいる進研ゼミのチャレンジを1冊解けば、なんとなくその単元の基礎の部分は理解できるのです。

 

それで、なんとなくわかった。とりあえず解けた。で終わってしまうと1か月後にはせっかく覚えたことを忘れてしまいます。

 

それか、一生懸命に思い出しながら、「確か・・。こうだったかな?」で何とか解けるという感じでしょう。。

 

これは、どうにか身についてはいますが【身に染みている】という状態ではありません。

 

でも、同じ基礎の問題を時間を空けつつ5回繰り返したら【身に染みている】状態になります。
もう忘れない。すらすらできるという状態になるはずです。

 

このレベルが【身に染みている】なのだと思っています。

 

このくらい基礎をしっかりやっていると応用問題を教えた時にスラスラと頭に入っていきます。

 

そして、何回か繰り返して応用問題を解けば、もう忘れません。
同じような問題には柔軟に対応できる学力が身についていることでしょう。

 

低学年では、基礎を学ぶことがほとんどです。高学年になると超応用問題が出てきます。
受験をするなら、応用問題を当たり前に解けることが必須となります。

 

応用問題もすらすら溶ける状態まで持っていかないと超応用問題で躓くことになります。

 

だから、基礎が何よりも重要になってきます。

 

基礎がおろそかなのに、応用をテクニック的に積み上げてもやっぱり伸び悩みするんですね。

 

基礎が身に染みていて、応用が身に染みていて、初めて超応用問題に挑めるんです。
この段階に行けば、中学受検をしてもおおよその受験校に受かると思います。

 

その基礎を固めるためには、低学年から後れを取らずコツコツを勉強を続けるしかありません。

 

基礎力がしっかりと固まっているというのは後々力を発揮するんです。


家庭学習教材評価

PR

学力の伸び方を決めるのは基礎力!関連ページ

朝日小学生新聞ってイイかも!
我が家では、3年生のころから朝日子供新聞を購読しています。子供の勉強にも役に立つなかなかいい新聞です。小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介しています!
全学年向け おススメの参考書 「ドラえもん学習シリーズ」
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!学年別のおすすめ参考書を紹介しています。
小学1年生〜3年生の学力を決めるのは家勉!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、小学1年生〜3年生の低学年のときに勉強の取り組みかたについてお伝えしています。
学習ポスターを壁に貼る勉強法!
小学生のうちはたくさん遊んでしっかり勉強してすくすくと育ってほしい。そんなことを思っているなら学習ポスターの壁貼り勉強法はおすすめです。
なぜ勉強で一度できるようになったのに忘れるのか?
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、なぜ一度できるようになったのに忘れるのか?その疑問についてお伝えしています。
小学生のお金の教育!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
キッザニアはいいところ!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
親が子供に勉強を教える時、勉強の教え方 5つのルール!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!親が子供に勉強を教えるときの絶対に守るべき5つのルールを紹介しています。
子どもが勉強を嫌がる 3つの理由!
小学生の子供が勉強を嫌がることは良くあること。でも、その理由が分かれば勉強をさせることも出来るはず。経験から小学生の子どもが勉強を嫌がる理由をお伝えします。
「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!
小学生だと自分での工夫も難しいし、毎日同じようなことの繰り返しだと勉強への興味も薄れてしまします。そうならないように勉強をさせるのはどうしたらいいのか?そのヒントをお伝えしています。
子供に勉強をすんなり始めさせる方法!
子供って勉強をさせようとするとごねることってありますよね。でも3つのことに注意をすることで勉強を始めるときにすんなりとはじめられるものなのです。小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
【勉強がしたい!】と思う興味を引き出すには!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
目標を設定し目標を達成できる子供にするには!
目標を設定し目標を達成できる子供にするための家庭教育!小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
子供が目標を達成できるように!
目標を設定し目標を達成できる子供にするための家庭教育!小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
脳力アップ!家族でボードゲームをしよう!
家族で昔なつかしのボードゲームをすることで学校では学ぶことの出来ない感覚や脳力、そして人生で必要となる経験値を身につけることができると思っています。我が家でおススメのボードゲームを紹介します。
テレビゲームも使い方しだい!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
ペーパークラフトで脳力アップ!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
子供がリビングの勉強で成長する!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!子供はリビングの勉強で成長するのです。その3つの理由を紹介しましょう。