小学生の家庭学習

テレビゲームも使い方しだい!その2


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> その他 >> テレビゲームも使い方しだい!その2
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
テレビゲームを上手く使おう!

最近ゲームも使い方しだいだと思っています。

桜にゲーム機を買い与えてしまったので、ゲームはさせないのは無理なことになってしまいました。

そうなると、親としてもゲームをどう活かして子供の学力向上に役立てるのかを考えるようになったんですね。

そこで色々と頭をひねり考えて、ゲームを2つに分ければいいのだと思ったのです。

そのわけ方は、これです。

 1、ただ楽しむためのゲーム
 2、知的に遊ぶためのゲーム

ただ楽しむためのゲームは、『ドンドン・バンバン』とか『ガッシャーン、ドッカーン』と物を壊したり、戦ったりのゲーム。

楽しいけど、ゲームが終わっても何も得られないゲーム。

知的に遊ぶためのゲームは、クイズとか算数とかパズルとか知的好奇心というか頭をひねったり考えたりしながら遊べるゲーム。

子供は、どっちをやっても遊びなので親が上手く

 1、ただ楽しむためのゲーム
 2、知的に遊ぶためのゲーム

の2つをミックスして子供に与えるようにすればいいのだと思いました。

子供からするとどちらもゲームなんです。でも、頭を使うゲームなら同じゲームでもやらせていて安心な面がありますよね。

『また、ゲームをやって!!』ではなく、『まー、頭を使っているからいいかな?』って。

この違いって大きいと思うのです。子供が、ゲームーばっかりやってると親もストレスを感じますからね。

ゲームといえば、こんなものもありました。

頭を使うゲームの話を親戚としていたんですが、従妹のお姉ちゃんが「ハローキティ スクールノートクラブ」というのを持っていて譲ってもらいました。
  ※もう、売っていないかもしれません。 (^^;

ノートパソコンのような外観なのですが、国語・算数・英語などの授業をゲームで受けられるのです。

やることは、ゲームで遊びです。でも、内容は勉強なのです。

我家でも渋々ゲームを取り入れましたが、今ではゲームの楽しさという部分を上手く使って勉強に役立てられるようになりました。

本当に、最近ではゲームも使い方しだい。そう思っています。



 
スポンサードリンク
関連情報
読解力UP法 テレビゲームも使い方しだい!
 

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> その他  >>  テレビゲームも使い方しだい!
|   サイトマップ  |   メール  |