テレビゲームも使い方しだい!

国語 算数 英語 理化社会 道徳 子育て その他

テレビゲームで養える力!

 

ゲームは、今の子供たちにとって欠かせないものになっています。

 

私は、子供が小学校に入る前までは、「 ゲームはやらせない。 」 と思っていたのですが、小学校に入るとゲームを持っているのが当たり前の状況がありました。

 

親の方針でゲームをさせないで、「友達との関係に障害を及ぼすのはかわいそう。」という考えから、ゲームを買い与えました。

 

基本的にゲームは、いいものだとは考えていません。ですから親としてゲームをさせるにも配慮している部分があります。

 

今の子供のたちの中には、

 

  • テレビゲームをしていて難しいとリセットを押してやり直す。
  • それでもうまくいかなければ、そのゲーム自体を投げ出して、ほかの新しいゲームを始めてしまう。

 

こんなことを当たり前にしていることがあるように思います。

 

しかし、これはゲームをしていて無意識のうちに身に付けてしまう 【 非常に怖い習慣 】 だと思っています。

 

無意識でも習慣としてこのような癖を身に付けてしまうといたるところにその影響が出てくると思うのです。

 

これは、勉強や習い事や生活面にもかならず悪い影響を及ぼすと思っています。

 

自分の子供が、 「何をやらせても長続きしない。」 そんなことを感じているのならゲームへの取り組み方を注意してみてみる必要があるかもしれません。

 

きっと、

 

  • テレビゲームをしていて難しいとリセットを押してやり直す。
  • それでもうまくいかなければ、そのゲーム自体を投げ出して、ほかの新しいゲームを始めてしまう。

 

のような傾向を持っているのではないでしょうか?

 

そうならないように我が家では、ゲームをするにでも、ルールを決めています。

 

【 最後まであきらめずやりきること! 】

 

このことを身に付けてもらうために一度始めたゲームは、クリアーするまで次の新しいソフトは手を付けさせないことを条件としています。

 

クリアーできなければ次のゲームはやらせません。

 

でも、このルールがあるとクリアーしなければならないのですから、子供はゲームクリアーのために少々難易度の高い壁にあたっても知恵を絞ってクリアーしようとします。

 

そのために考える力、工夫する力、情報を集めることなどを学びます。

 

この習慣や考え方は、勉強や習い事や生活面にもつながっていくと思っています。

 

勉強でちょっとした難問にぶつかると子供は、

 

  • がんばって解く。
  • その問題を投げ出す。

 

という選択をすることとなります。

 

もちろん、ゲームを投げ出すことに慣れている場合には、問題も投げ出すでしょう。

 

しかし、クリアーすることに慣れている場合には、問題を解こうとするはずです。
そのために必要な考える力・工夫すること・問題を解くために情報を集めることをゲームからも学んでいるからです。

 

ちょっとしたルールを作ってゲームをすることで子供が、難しいことにもめげないで挑戦するという癖を付けられるのではないかと感じています。

 

このことがわかってから、 「ゲームもなかなか役に立つな!」 と思っています。(^^

 

ちなみに我が家のもう1つのルールは、ゲームは宿題の終わった後となっています。

テレビゲームを上手く使おう!

 

最近ゲームも使い方しだいだと思っています。

 

桜にゲーム機を買い与えてしまったので、ゲームはさせないのは無理なことになってしまいました。

 

そうなると、親としてもゲームをどう活かして子供の学力向上に役立てるのかを考えるようになったんですね。

 

そこで色々と頭をひねり考えて、ゲームを2つに分ければいいのだと思ったのです。

 

そのわけ方は、これです。

 

  1. ただ楽しむためのゲーム
  2. 知的に遊ぶためのゲーム

 

ただ楽しむためのゲームは、『ドンドン・バンバン』とか『ガッシャーン、ドッカーン』と物を壊したり、戦ったりのゲーム。

 

楽しいけど、ゲームが終わっても何も得られないゲーム。

 

知的に遊ぶためのゲームは、クイズとか算数とかパズルとか知的好奇心というか頭をひねったり考えたりしながら遊べるゲーム。

 

子供は、どっちをやっても遊びなので親が上手く

 

  1. ただ楽しむためのゲーム
  2. 知的に遊ぶためのゲーム

 

の2つをミックスして子供に与えるようにすればいいのだと思いました。

 

子供からするとどちらもゲームなんです。でも、頭を使うゲームなら同じゲームでもやらせていて安心な面がありますよね。

 

『また、ゲームをやって!!』ではなく、『まー、頭を使っているからいいかな?』って。

 

この違いって大きいと思うのです。子供が、ゲームーばっかりやってると親もストレスを感じますからね。

 

ゲームといえば、こんなものもありました。

 

頭を使うゲームの話を親戚としていたんですが、従妹のお姉ちゃんが「ハローキティ スクールノートクラブ」というのを持っていて譲ってもらいました。
  ※もう、売っていないかもしれません。 (^^;

 

ノートパソコンのような外観なのですが、国語・算数・英語などの授業をゲームで受けられるのです。

 

やることは、ゲームで遊びです。でも、内容は勉強なのです。

 

我家でも渋々ゲームを取り入れましたが、今ではゲームの楽しさという部分を上手く使って勉強に役立てられるようになりました。

 

本当に、最近ではゲームも使い方しだい。そう思っています。


家庭学習教材評価

PR

テレビゲームも使い方しだい!関連ページ

朝日小学生新聞ってイイかも!
我が家では、3年生のころから朝日子供新聞を購読しています。子供の勉強にも役に立つなかなかいい新聞です。小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介しています!
全学年向け おススメの参考書 「ドラえもん学習シリーズ」
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!学年別のおすすめ参考書を紹介しています。
小学1年生〜3年生の学力を決めるのは家勉!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、小学1年生〜3年生の低学年のときに勉強の取り組みかたについてお伝えしています。
学力の伸び方を決めるのは基礎力!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、中学受検や応用問題を説く必要が出たときに影響してくるのは基礎力であることを知っておきましょう。
学習ポスターを壁に貼る勉強法!
小学生のうちはたくさん遊んでしっかり勉強してすくすくと育ってほしい。そんなことを思っているなら学習ポスターの壁貼り勉強法はおすすめです。
なぜ勉強で一度できるようになったのに忘れるのか?
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!このページでは、なぜ一度できるようになったのに忘れるのか?その疑問についてお伝えしています。
小学生のお金の教育!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
キッザニアはいいところ!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
親が子供に勉強を教える時、勉強の教え方 5つのルール!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!親が子供に勉強を教えるときの絶対に守るべき5つのルールを紹介しています。
子どもが勉強を嫌がる 3つの理由!
小学生の子供が勉強を嫌がることは良くあること。でも、その理由が分かれば勉強をさせることも出来るはず。経験から小学生の子どもが勉強を嫌がる理由をお伝えします。
「また勉強がしたい。」と思える勉強の仕方!
小学生だと自分での工夫も難しいし、毎日同じようなことの繰り返しだと勉強への興味も薄れてしまします。そうならないように勉強をさせるのはどうしたらいいのか?そのヒントをお伝えしています。
子供に勉強をすんなり始めさせる方法!
子供って勉強をさせようとするとごねることってありますよね。でも3つのことに注意をすることで勉強を始めるときにすんなりとはじめられるものなのです。小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
【勉強がしたい!】と思う興味を引き出すには!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
目標を設定し目標を達成できる子供にするには!
目標を設定し目標を達成できる子供にするための家庭教育!小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
子供が目標を達成できるように!
目標を設定し目標を達成できる子供にするための家庭教育!小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
脳力アップ!家族でボードゲームをしよう!
家族で昔なつかしのボードゲームをすることで学校では学ぶことの出来ない感覚や脳力、そして人生で必要となる経験値を身につけることができると思っています。我が家でおススメのボードゲームを紹介します。
ペーパークラフトで脳力アップ!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!
子供がリビングの勉強で成長する!
小学生のその他の家庭でできる学力アップの方法を紹介!子供はリビングの勉強で成長するのです。その3つの理由を紹介しましょう。