小学生の家庭学習

音読と計算(足し算・引き算)に力を入れるわけ!


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 国語・こくご  >>  音読と計算(足し算・引き算)に力を入れるわけ!
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
音読と足し算・引き算が大事な理由!


音読と計算(足し算・引き算)に力を入れるわけ

我が家では、音読と計算カードにこだわっています。
毎日、この二つについては、必ず取り組むようにしています。

音読は学校の宿題として、取り組むことも多いのですが、足し算引き算の計算は2年生になると学校では出来ているものとして進みますので宿題でもなんでもありません。

でも、2年生の椿には毎日、音読と足し算・引き算の計算に取り組むようにさせています。

音読は、教科書で習っている箇所を音読しますので、2分〜5分あれば十分に終わります。

足し算・引き算の計算カードは、だいたい3分程度です。両方で5分〜6分です。

音読と計算をあわせても、10分〜15分もあれば終わります。

音読と足し算・引き算の計算を毎日繰り返させるには、理由があります。

その理由とは・・・。


小学校の勉強において全ての基礎となるのが、音読と足し算引き算。

この2つなんです。

1、1番重要なのは読んで内容が理解できること
2、足し算と引き算は、すべての算数の基礎


1、1番重要なのは読んで内容が理解できること

すべての勉強の基礎は読めること。そして、内容を理解できることです。

すべての勉強の一番初めに来るのが読むことなんですね。

まず読めること、「濁点」「しゃ・しゅ・しょ」など、「お」と「を」、「は」と「わ」とか。

こういった基本的なことが出来ているか?全て音読でわかりますし学べます。

小学校に入れば、 漢字も出てきます。漢字もとりあえず読めればいい。漢字も読めてしまえば書ける様になるまでの壁はそれほど高くないからです。

読めない漢字が多いいと文章の内容を理解できなくなりってしまいます。

だから、書くのはそのあと。漢字は書けなくてもいいということではありませんよ。

読んで内容を理解する力をまずつけることが最優先。

ほかでも書いていますが、算数の問題が読めないのでどう答えていいのかがわからない。
これは、算数が出来ないのではなくて問題文が読めていないということで、問題を解く以前の問題です。

読む力がないとこのようなことが実際に起こるのです。

  ※詳しくはこちらを参照 >> 思いがけない落とし穴

国語も算数もテストでは、読んで内容を理解して、初めて回答をすする権利を得られるんですね。

そこで初めて、ごく後の問題を解く。算数の問題を解く。が始まるのです。

だから、読んで内容を理解することを重要と捕らえているのです。

小学校のどの学年でもその学年の教科書を読みこなせれば、テストの問題が理解できないという悲劇は起こりません。

読みこなせて内容を理解できるようになっています。 だから、国語の教科書の音読は必須なんですね。

 

2、足し算と引き算は、すべての算数の基礎

高学年になると当たり前のようにとくようになる、割り算や文章問題など複雑な計算は、途中の計算を間違うとショックが大きいですよね。

学年が上がれば上がるほど計算は複雑になっていきます。

1つの割り算や文章問題を解くのに、足し算や引き算を10回20回と答えを導き出すために計算を繰り返さなければなりません。

そのなかで、簡単な足し算引き算を1回間違えると、正しい答えは出てきません。

問題を理解していた。問題の解き方も分かっていた。でも間違えてしまう。

途中の計算で間違えることが多いと落ち込みます。計算って難しい。めんどくさい。算数は難しくて嫌いとなっていくわけです。

でも、原因は、途中の簡単な計算のミス。よく言われますよね「単純なミスをなくせばもっと成績が伸びる。」って。

でも伸びません。計算力が足りていないのですから。
そうならないためには、計算力を付けるしかありません。

計算力の基本は 、難しい計算をできることではなく、足し算引き算です。
繰り上がり足し算。繰り下がりの引き算です。

この基本の計算に強い子供は、学年があがるごとに成績をのばっせるちからを持っているといえます。

だから 、毎日、足し算・引き算をするのです。

わたしは、とりあえず音読と計算をさせればいいと書いていますがこんな理由からんですね。

これができたうえで、漢字を覚えるとか難しい算数の問題に取り組むならそれは素晴らしいことだと思います。

でも、漢字が書けても点数のテストが一時的によくなるだけです。
読んだことを理解する力がないと役には立ちません。これは、音読を繰り返すことで身につきます。

算数も難しい問題の解き方は覚えられるでしょう。でも、それでは一時的に成績が伸びるだけ。
どうしても、細かな計算ミスが多いとなればそれは、後々つまづきや伸び悩みの原因となります。

なので、低学年のうちに、音読。そして、計算カードなんですね。


 
スポンサードリンク
関連情報
国語の成績がダメだと他の成績も上がらない理由
聞いて理解する力を身に付けるには!  
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他
学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP   »   国語・こくご   »   読解力を身に付けるには!

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 国語・こくご  >>  音読と計算(足し算・引き算)に力を入れるわけ!
|   サイトマップ  |   メール  |