小学生の漢字の覚え方・勉強法!

国語 算数 英語 理化社会 道徳 子育て その他

小学生の漢字の覚え方・勉強法!

 

小学生の漢字の覚え方や勉強法にもいくつかの方法があります。

 

我が家で効果のあった小学生の漢字の覚え方は、この3つです。

 

1、本を読むことで漢字を自然に記憶する
2、 トイレに漢字一覧表を張っておく
3、オリジナルの漢字練習帳

 

 

1、本を読むことで漢字を自然に記憶する

 

漢字に振り仮名が振ってあるものでいいので本を読むこと。
繰り返し読みがなつきの漢字に触れることでいつのまにか読み方が身についているという方法です。
漢字の形もうっすら記憶をしているようで漢字の勉強に力を入れなくても比較的スムースに書き取りも出来るようになります。

 

 

 

2、 トイレに漢字一覧表を張っておく

 

もうひとつの方法は、トイレの活用。
トイレにその学年で習う漢字の一覧表を張っておくのです。
すると、トイレに入るたびに子供の目に入ることになります。するといつの間にか漢字を覚えているのです。
この方法は、子供が全くストレスを感じずにできる方法なのでおすすめです。

 

貼るものは「漢字」と「漢字の読み」が書いてある表であれば基本は何でもかまわないと思います。

 

しいて言えば、子供の興味をそそるようにちょっとしたイラストが入っているカラフルな表のほうが、子供の食いつきはいいかもしれません。

 

貼るだけではあるのですが、この表を貼る位置には十分に気をつけてください。
この漢字表(漢字ポスター)を貼る位置は、子供がトイレに座ったときの真正面にすること。そして、目の高さに貼り付けること。

 

トイレに座ったら自然と目に入るよう位置に貼り付ければいいのです。

 

たったこれだけで、親が何を言うわけでもなく子供は、トイレに入るたびに勝手に勉強をします。
おそらく子供にも勉強している気はまったくないと思いますが、繰り返し同じ漢字を見ることで自然と頭に入っているんですね。

 

これだけやっておけば、漢字の力があがるというわけではありませんがほかの勉強法とあわせて挑戦してみてくださいね。

 

 

 

3、オリジナルの漢字練習帳

 

最後のひとつは、オリジナルの漢字練習。
このページでは、このオリジナル漢字練習法をお伝えします。

 

「結局、漢字の書き取りをするんでしょう。家でも漢字ドリルをやってるんだけど・・・」

 

確かにそうかもしれませんが、このサイトは「環境教育」をお勧めしていますから、小学生の子供が楽しく続けられる漢字書き取り勉強法を紹介したいと思います。

 

小学生の子供が楽しく取り組める方法は、まず漢字の書き取り字体に興味を持ってもらわなければなりません。
興味がなければ覚えません。

 

普通に漢字の書き取りをやっていたら楽しくもなんともありませんよね。
小学生の子供が漢字を覚えるのを嫌がるのも無理はありません。

 

漢字を覚えさせるには一工夫必要なのです。

 

日常の生活の中で起こった身近なことが事が漢字書き取りの問題になっていたら子供は興味を持つと思いませんか?

 

例えば、「おばあちゃんの家には大きな木があります。木のかげには、犬のケンタがねています。今日は、おばあちゃんといっしょに近くの小さな公えんであそびました。」

 

もちろんこんな問題集は売っていませんから親が作ります。

 

でもね、作り方は意外と簡単なのです。

 

1、まず、子供の教科書を見ます。
2、覚えるべき漢字やすでに習った漢字に目を通します。
3、漢字練習帳に昨日の出来事や身近な出来事を題材に問題を作ります。

   ※ 多少、先取りの漢字が入ったところで問題ありませんよ。

 

なれれば、小学生の漢字ですので5分で漢字練習帳1ページを書けるようになります。

 

漢字の問題集だけ渡して、「早くやりなさい!」では、子供のやる気も萎えてしまいます。
ですが、オリジナルの漢字問題を親が作ることで、子供は一緒に漢字の勉強をしているように思えるみたいです。

 

身近な話題を漢字の問題としているのも子供が興味を持って覚えるのに一役買っています。

 

子供が興味を持って漢字を覚えられるのがオリジナルの問題を作るメリットだと思っています。

 

身近な話題を問題にすると子供は、その経験をしているときの記憶がよみがえるようです。
記憶と書いている漢字が上手く結びつくのだと思います。

 

実際の【イヌ】を思い浮かべながら、「犬」という漢字を書く!こんな具合です。

 

そうやって記憶とあわせて覚えた漢字は、ただの漢字の書き取りとは一味違うようで、一度記憶されるとなかなか消えないようです。

 

ぜひ、小学生で漢字が苦手な子供に試してみてくださいね。

 

 

  小学生の家勉オリジナル漢字ドリルはこちら >> 漢字ドリル


家庭学習教材評価

PR

小学生の漢字の覚え方・勉強法!関連ページ

国語の成績が悪いと他の成績も上がらない!
小学生の国語はとっても重要です。国語の成績が悪いとほかの科目の成績も落ちてしまうという事実を知っていますか?
小学校 低学年で国語が苦手な場合の対策!
小学生の低学年の国語が苦手な場合の改善方法です。低学年なら子供に勉強をさせなくとも克服が出来るものです。
音読勉強法で国語の基礎力をつける!
音読は小学生の低学年の国語の勉強法で差をつけられるくらい効果的。もちろん国語の教科書の音読です。音読がなぜ重要なのか?をお伝えしています!
小学1年生の国語の授業の進み方!
小学校1年生の国語・こくごの授業が入学から夏休みまでどのように進んでいくのかを参考までに書いておきます。全く同じでは無いでしょうが授業の進み方がわかると思いますよ。
小学校低学年で音読と計算に力を入れる理由!
小学生の低学年の国語と算数で一番重要なのは、音読と足し算引き算です。音読と足し算引き算がなぜ重要なのか?をお伝えしています!
作文力を身に付けるには?
小学生の国語・こくごで苦戦をするのが作文力ではないでしょうか?いったいどうやって勉強をさせればいいのかわからない方も多いはず。
小学生の読解力を上げる方法!
読解力は小学生の国語・こくごに必須の力といえます。家庭学習で子供の読解力をつける勉強法をお伝えします。何から取り組んでいいのかわからない読解力ですがこんな方法で家庭でも読解力アップができるんです。
漢字が苦手は、国語の致命傷?
小学生の国語・こくごの家庭でできる漢字力アップの方法を紹介!漢字が苦手なだけで国語の成績が全滅するっているのは本当なのか?
なぜ漢字が覚えられないのか?
小学生の国語・こくごで漢字は意外と重要です。でも漢字が苦手な子供は多くいます。なぜ漢字が覚えられないのかをお伝えします。
ことわざ・慣用句をらくらく覚える方法!
小学生の国語・こくごの家庭でできる学力アップの方法や家庭での勉強のお教え方、漢字をしっかり身に着ける無料の漢字練習プリントなど国語の苦手克服の方法をを紹介しています!