小学生の家庭学習

自制心を生み出す魔法の言葉!


 学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP  >> 道徳・どうとく  >>  自制心を生み出す魔法の言葉!
 
小学1年生の勉強法   小学2年生の勉強法
小学3年生の勉強法 小学校低学年の勉強法
小学校高学年の勉強法 中高一貫校受験
小学生の国語の勉強方 小学校の算数の勉強法
理科と社会の勉強法 小学生の英語の勉強法
朝日小学生新聞 小学生向けの家庭学習教材
無料学習プリント 漢字の覚え方
勉強の教え方 おススメの本
質問コーナー  
人気の学習法・教育法
我家のアイデア学習法 大募集
おすすめリンク
おことわり
このサイトに掲載している情報は、我家で取り組んだ学習法を掲載しています。我家の子供には効果を発揮しましたが、どのお子さんにも効果があることを保証しているわけではありません。
その点をご理解の上情報をご覧ください。
このサイトに掲載した情報が各ご家庭での勉強の一助となればと思っております。

このサイトについて

我家の教育への考え方
国語 算数 理科・社会 道徳 子育て その他
  家勉流!公立中高一貫校 中学受験
自制心を生み出す魔法の言葉!

私が子供のころは、遊んでいる最中にでも悪いことをしちゃおかな?なんて思ったとしても

 「神様が見ているからやっぱりやめておこう。」

と考えたものです。

この 「神様が見ている」 「お天道様が見ている」 という言葉は、悪いことをした時に、たとえ他の人にバレなくても、神様・お天道様はしっかりとその悪さを見ている。だから、悪いことはしてはいけない。という戒めです。

一見古いようにも思えますが、現代の子供にこそ必要な言葉ではないかと感じています。

なぜなら、この 「神様が見ている」「お天道様が見ている」 という言葉は、人間が誰でも持っている良心に沿って行動をするための呪文のようなものだと思っているからです。

子供を持つ親なら誰でも、いじめという問題に不安を抱えます。

その不安は、自分の子供がいじめの被害者にならないか?というものです。この被害者にならないか?と同じくらい加害者になってしまうことも親としては心配すべきことです。

でも、この 「神様が見ている」「お天道様が見ている」 呪文を子供がいつも意識できるような身近なものであったなら、いじめをすることはいけないことであると自分の良心 が加害者となる一歩をふみとどませるような気がすのです。

これは、誰にでも当てはまる例として上げましたが、そのほかにも乗り物の中でお年寄りに席を譲るとか、教科書を忘れた人に見せてあげるとか、当たり目のことを当たり前にできるるようになれるきっかけを作ってくれる言葉だと思うのです。

ですから、なにか悪いことをしようと考えているときにふと頭をよぎって良心を呼び起こしてくれた 「神様が見ている」「お天道様が見ている」 というこの言葉を自分の子供にも伝えるべきと考えています。

 ※おそらく私の父母に教わったというよりもおばあちゃんにいわれていたような気がします。

もう一度 「神様が見ている」「お天道様が見ている」 という言葉を子供に伝えなおしてみませんか?

 

 

 
スポンサードリンク
関連情報
交換日記だから分る子供の心の動き! 【ありがとう】を素直に言える子供に!
 
  国語  算数  理科・社会  道徳  子育て  その他

                     




学力向上・成績アップ!小学生の家庭勉強法!TOP >> 道徳・どうとく   »   自制心を生み出す魔法の言葉!
|   サイトマップ  |   メール  |